2017年4月7日金曜日

スケートパーク紹介 駒沢公園スケートパーク

駒沢公園 スケートパーク

私が高校生だった20年ほど前、BMXを中心に駒沢公園にはパークがあった。
カーブボックスが公園の歩道の横にあって、歩行者を避けて滑った記憶がある。

それから、地元の方のご理解と、ローカルスケーターの熱意でできたパークだと思う。
その駒沢公園のスケートパークが、昨年リニューアルされた。

ZEALIZEさん(@zealize)がシェアした投稿 -


まず、路面が良くなった、そしてカーブボックスとマニュアル台がミニアキ(田町)と同じ素材(コンクリート製)になった。








カーブボックスは、ミニアキの2/3ほどの高さで、練習するにはちょうどいい高さだと思う。

高さが違うミニランプが4台設置され、いずれもボトムが長めでやりやすいと思う。
スケーターなら、一度は訪れたいスポットの一つである。






駒沢公園は、23区内有数の広大な公園で、家族で遊べるスケートパークである。
近くにはスタバやフレッシュネスバーガー、コンビニ、西友があり、食事や飲み物、アルコールには心配がない。

子供がスケーボーして、お腹減ったらランチして、公園で遊ぶのもいいだろう。
駒沢大学に入学して、授業が休講で困ったらスケートするんだろうな。

地図


駐車場
公園内にもあるが、スケートパークからは結構離れている。自由通り沿いのコインパーキングがお勧め。

トイレ
パークから数分のところにある

セクション
ミニランプ 4台 それぞれ高さが違う
カーブボックス
マニュアル台
クオーター

料金:無料

メット:不要




0 件のコメント:

コメントを投稿

ホームページ変更のお知らせ

いつもZEALIZEのブログをご覧いただきありがとうございました。 この度、サイトを変更いたしましたのでご案内いたします。 なお、このアドレスはしばらく残ったままになります。 http://zealize.tokyo